【ドラコン】ドライバーコンテストってなに?【ゴルフ】

はじめまして!Glofarmです!

皆さんはドラコンとよばれるドライバーコンテストは御存知でしょうか?
有名人なども最近では挑戦し、ポピュラーなスポーツになってきました!

今回はそんなドライバーコンテストに関してルールや魅力、世界や日本の記録を解説致しますので是非最後まで読んでみてくださいね。

▼ドラコンってなに?


ゴルフ用語でドライビングコンテストの略。
ツアーでドライバーを用いて、対象ホールにおける最長飛距離を叩き出した選手に賞金が授与される。近年は競技として行われるようになり、制限時間内に決められた数の球を打ち、飛距離を競う。
主な大会に、1999年から始まったゴルフダイジェスト社が主催するドラコン日本選手権 JAPAN LONG DRIVE CHAMPIONSHIP、2002年から始まったLDJ主催世界ドラコン選手権日本大会、一般社団法人日本プロドラコン協会が主催するプロドラコンツアーなどがある。

▼ドラコンのルールとは?

ドラコンには様々なルールがあります。

1番ウッド(ドライバー、1W)
飛距離が出るため、長いコースでの第1打に使用される。一般にはティーショットをクラブ(通常はドライバー(1番ウッド))を使って打ち、その飛距離を争うもの。打ち方自体は、ストロークやマッチプレーと同じように普通に打てばよい。そしてその打球のフェアウェーに落ちたボールの飛距離によって順位を決定する。ラフやバンカー、OBとなったものは失格となる。飛距離を競う関係上、通常はパー5以上のロングホールにて行われる。 競技としては通常のゴルフコンペ・トーナメントの中で行われるものと、単独の競技会として行われるものがある。単独の競技として行われるドラコンについては、2016年現在はさらに以下の2種類に分ける場合がある。

ロングドライブコンテスト
単純にティーショットの飛距離を競うもの。クラブ長の上限が48インチまで認められている

プロドラコン
飛距離だけではなく、ショットの正確性[5]なども含めた形でティーショットの技術を競う。クラブの性能制限についても通常のゴルフ規則のものが適用される。

▼ドラコンの魅力


▼有名な大会


WLD 世界ドラコン大会(WORLD LONG DRIUE CHAMPION SHIP)

LDJ (Long Drivers of Japan)

ゴルフダイジェスト社(JAPAN LONG DRIVE CHAMPION SHIP)

▼世界記録 / 日本記録


世界記録
男子 マイクドビン515ヤード 女子 フィリスメティ413ヤード

日本記録 男子 南出仁寛432ヤード 女子 高島早百合365ヤード

▼まとめ


関連記事一覧