ゴルファーが一度は憧れるドラコン賞

はじめまして!Glofarmです!
※前回の記事を参考に序文を書いてみてください。

▼ドラコン賞とは?


引用元 (サイト名)ー https:/~~~~~~/

ゴルフコンペで使われる賞の中にドラコン賞がある。
「ドラコン」とはドライビングコンテストの略であり、ドライバーで飛距離を競うものです。

一般的はゴルフコンペで各ゴルフ場やコンペ主催者の決めたドラコンホールで行います。18ホール中ハーフ(9ホール)に1ホール基本的にはロングホール(Par5)に設定されています。

ルールは簡単で男性、女性各自決められたティーグランドからドライバーを打ちます。フェアウェイをキープできたボールで1番飛んだボールがドラコン賞の対象になります。

▼ドラコン賞は男性有利?女性有利?


引用元 (サイト名)ー https:/~~~~~~/

男性と女性ではドライバーを打つティーグランドが違います。男性と女性は力の差があるのでハンデとして女性のティーグランドは男性より前にあります。
ゴルフ場によってはティーグランドの位置が100ヤード近く前にある場合があります。そのため女性でもフェアウェイキープをすればドラコン賞を取ることが可能になります。

【一般的にアマチュアゴルファーの平均飛距離は男性200〜250ヤード前後、女性120〜180ヤード前後】

▼ドライバーの飛距離とスコアメイク


引用元 (サイト名)ー https:/~~~~~~/

「ドライバーで飛ばす」ゴルファーにとってドライバーが飛ぶことに憧れを抱くことが多いです。しかしゴルフラウンドではスコアメイク(コース戦略)も大事になります。

飛距離が出ると言うことはゴルファーの中で1つのステータスになります、ただ距離が出る分左右への曲がり幅も増えてしまう場合があります。OBになってしまうと2打損をしてしまいます。


スコアメイクだけを考えるとしっかりフェアウェイに置いていくことが重要になります。しかしフェアウェイキープをしても飛距離が出ていない分セカンド(2打目)のグリーンまでの距離が長くなってしまう可能性があります。

ラウンドをするティーグランドや回りたいスコアもありますが飛距離とスコアの両立は飛距離だけ、スコアだけのゴルフラウンドをするより難しいと感じます。

▼まとめ


関連記事一覧